10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-19 (Wed)
そのなの通り、一箇所だけでなく何箇所もある
椎間板ヘルニア

12日の夜急にキャッシーが足を引きずるようになって、
慌てて夜間診療で診てもらいました。
なんとなく頭にはよぎってはいたものの、
病院について診てもらった時にはなんだかもっとひどくなっていて、
どうしよう~とずっと思ってました。

先生も断定はしないけど、椎間板ヘルニアの疑いがありますね。
ってことで、
レントゲン撮って腰のあたり2~3箇所と首も2箇所ぐらい
怪しいとのこと。
でもキャッシーは後ろ足だけ引きずっていたので、
首は大丈夫だろうという診断でした。
ただ怪しいところが一杯あるのと、レントゲンだけでは診断があやふやで
はっきりしなかったので、
先生に進められたMRIをとることにしました。

病院にMRI持ってるところって少ないですよね。
なので、練馬まで行きましたよ!
キャミック』っていう動物のMRIやCTの検査専門の病院。
普通なら大学とか進められると思うんだけど、
大学って予約してもすぐに受けられないのが難点ですよね。
ココはホームドクターから予約をしてもらうシステムなので、
ある程度早く検査が受けられます。


*ちょっと長くなるので続きをクリック







検査は2時間半ぐらい。
麻酔が覚めるのも待つのでこれくらいかかります。

結局、一番怪しいかった腰の部分。
12番目と13番目の間の椎間板が中程度の
ヘルニアであることが判明しました。
他の怪しかったところは、
軽度なのでさほど心配いらないとのことでした。

そしてその結果のフィルムと報告書を持って
そのままかかりつけの病院へ絵文字名を入力してください

内科的治療をするか、外科的治療をするかの先生と話し合い。
結局我が家は、内科的治療を選択。
1日目と2日目はステロイドの注射。
3日目からはステロイドの錠剤1錠を5日分。
今日からステロイドの錠剤半錠を7日分。
最終的にはステロイドの薬は飲まないようにして、
ビタミン剤に変わるそうです。

今は普通に歩けるようになって来ました。
ただちょっと右の後ろ足の反応が鈍いのがきになりますがアップロードファイル
次また急に歩けなくなったりしたら、手術になるみたいです。

そして、キャッシーは太っているので、
体重を減らしていかないといけません。
今はいつも食べてるフードを若干減らしてあげています。
先生も急にダイエットするのは良くないといっていたので、
しばらくはこのスタイルでいこうと思います。

あとあまり動くとよくないので、
私が目の届かないときは、キャッシーはケージの中に
入ってもらっています。

爆弾を抱えている状態なので手術も悩みましたが、
少しの間様子をみようと思います。





こちらをポチッとお願いしますウインク
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへにほんブログ村 犬ブログ ロングヘアードダックスフンドへ にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
スポンサーサイト
| キャッシー | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。